事故も多発しているので致し方無い気もするが。
すでにオワコンへの収束が見受けられるが。
更にユーザー離れが加速するか?

1: 海江田三郎 ★ 2016/10/18(火) 16:51:10.27 ID:CAP_USER

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161018-00013955-forbes-bus_all

先週、ナイアンティックがサードパーティ製のポケモン追跡ツールを全面禁止し、
ユーザーから不満が噴出した。さらに今週、ポケモンGOに新たな問題が浮上した。ゲームをプレイ中に時速40キロ以上で
移動すると「かくれているポケモン」が表示されず、ポケモンが出現しなくなるのだ。

これまでも運転中にポケモンが出現する頻度は少なくなっていたが、現在は一切現れなくなっている。
「かくれているポケモン」が表示されないので、車を止めて近くのポケモンを探すわけにもいかない。

これは恐らくバグではなく、プレーヤーによる運転中の事故をなくすためにナイアンティックが行った
修正だと思われる。同社に確認をしたが、まだ返事は得られていない。この現象が大きな議論を呼んでいるのは、
時速40キロ以上でプレイしていても、以下のように安全性に全く問題が無い状況がいくらでも考えられるからだ。

(以下略)


【【ポケGO】時速40キロ制限が追加される?!ユーザー離れが更に加速か?】の続きを読む